医療機関で脱毛後に水ぶくれが起こったらどうする?

シースリーやミュゼなどのサロンの光脱毛は、マシンの出力レベルが低いため、施術後に綺麗な肌になれたとしても、またいずれはムダ毛が伸びてきてしまいます。湘南美容外科やフェミークリニックなどの医療機関なら、出力レベルの高いレーザーを使って脱毛できるので、施術後は手入れがいらなくなるほど、ツルツルの肌になれます。

医療レーザー脱毛を受ける際、通常はカウンセリングの段階で、医師がその人の肌や毛の状態を確認してから、出力レベルや照射時間を決めるので、肌荒れの心配はありません。しかし未熟な人に担当されたり、当日の肌の状態によっては、火傷や水ぶくれが起こる可能性があるので注意が必要です。

顔やVIOラインなどの皮膚の薄い部分は特に、火傷や水ぶくれが出来やすいので、気付いたらすぐに施術を受けた医療機関に連絡して、相談するようにしてください。そのまま放置しておくと、跡が残って消えなくなることがあるので、そうなる前に治療を受けることが大切です。アフターケアサービスが充実している医療機関を選んでいれば、ただちに対処を行い、悪化を防いでくれます。

脱毛の施術を受けた後に、火傷や水ぶくれが発生した場合、医療機関では主に軟膏を処方してくれます。用法用量を守ってきちんと塗れば、少しずつ良くなっていくので、跡が残ることはないでしょう。

医療機関で使用しているレーザーは年々改良され、安全性が高まっていますが、それでも肌トラブルが発生するリスクはあります。全身脱毛サロンの人気ランキングの評判の良い脱毛サロンや、医療機関ならいざというときにすぐに対応してくれるので安心です。

Oライン脱毛の周期はどのくらい?

Oラインの脱毛の自己処理は危険です。肛門周りは、本人が行う部位としては、よく観察できないところですし、皮ふも柔らかい部分です。
カミソリなどで不用意に行うことはしない方が良いでしょう。ただし、きちんとOラインのケアをしたい方は、人気のOライン脱毛サロンに行くことをおすすめします。

この時、光脱毛などで行う場合、3ヶ月に一度の周期で行うのがベストです。この周期に関しては、ほかの部位より長いです。
光ではなく、医療機関で行うレーザーの場合、回数が少なくて済みます。すぐに発毛することがありませんので、一回の脱毛でもキレイになるとされています。

その他、ワックスで行うこともあります。これも自分で行うのは、完璧に行うことが困難とされていて、エステなどで定期的に行うことをおすすめします。
Oラインのケアの場合、ワックス使用でその時はキレイになりますが、数ヶ月で普通に発毛します。脱毛と言っても、単に生えている毛をとってしまうだけです。
面倒なケアになりますが、海外などでは普通のOラインケアとして行われています。デリケートゾーンのケアに関しては、プロ任せが安心です。
人に見られるのは恥ずかしい部位ですが、仕上がりの良さを体験している方は、皆さん声を揃えてそうおっしゃります。

歯医者さんは鬼門ですね

歯医者をはじめとして、基本的にかかりつけのお医者さんは変えないほうが良いと言われていますが、まさしくその通りだと思います。
現在転勤族で、便宜的に別の歯医者を選択せねばならない事態になっているものの、やはり拒否反応はかなりありますね。

Continue reading

だらしない私の生き方

専業主婦ですが、気を抜くと午前中寝てしまったりします。
これはまずいよなあ、とたまに思うけれども、朝ごはんが早いので致し方ない、というふうに自己認識しています。
午前中寝てしまって、午後近くになって起きて、そこから食事をして洗濯をします。

Continue reading

潔癖だとよく言われます

自分がどの程度潔癖なのかわからないけれども、旦那に言わせると、わりとけっこう潔癖なほうらしいです。
コロコロをしょっちゅう使うこととか、アルコール除菌やティッシュペーパーを使いまくることと関係しているみたいです。

Continue reading